Process of 浅野建築設計室

建築家と創る家づくり
浅野建築設計室のホームページへようこそ!

IMG_5329.JPG

家創りについて

IMG_5346.JPG浅野建築設計室では、出来るだけたくさんの方とお会いして、住まいや建物に関するお話をしたいと考えております。住まいをつくる時には、誰もが後悔しない満足のいく家づくりを望んでいると思います。
お客様の夢や希望・要望をまとめ、かたちにしていく事が私たちの仕事です。
コミュニケーションに多くの時間を使うという事は、お互いを知る事・お客様の夢や要望を知る上で、重要な期間だと考えています。
また、土地探しの段階からのご相談にものっています。ご希望をお聞きし、一緒に探したり、すでに目的の土地がある場合などは、実際に現地に出向き確認も行います。トータル予算との兼ね合いや土地と建物とのバランス、隣接地や周辺環境等のアドバイスを事前に助言する事ができ、実際に設計する段階になった時に役に立てられるからです。いままでにも、土地探しからのご相談・購入、そして購入してからの住まいの建設に役立ててきました。
今ある土地に住まいを建てたい方や建て替えを考えてみえる方、家を建てるのはまだまだ先だけど話だけでも聞
いてみたい方、リフォームを考えている方、土地から探して住まいを建てたい方まで、皆様のお問い合わせをお
待ちしています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ



住まいができるまでのステップ解説

コミュニケーション
土地についての相談や、住まいや建物にたいする思いやご要望をお聞きします。
夢の住まいを実現していくための第一歩です。
                      様々な条件の中で、どんな事ができるのかを考えていきます。
                      考えている事、思っている事を、お気軽にご相談下さい。


基本設計
ここまでのコミュニケーションをもとに、計画案を提出します。
お客様が納得できるまで、何度も繰り返します。
                      お客様が納得いただいた計画案をもとに、配置図・平面図・立面図・断面図・仕上表を作成し、
                      確認していきます。
                      (図面のみではわかりづらい場合は、パース・模型等を作成します)
                      ここで建物ができあがるまでの概略の工程の打合せもさせていただきます。


設計監理契約
設計・監理契約は、基本設計のなかで概ね骨格が決まった段階で行います。


実施設計
これまでの打合せや計画案を、お客様の描いている夢をかたちにするために、基本設計にくわえ、さらに詳細な図面を作成していきます。
                      ここで家具や照明器具の位置、キッチンや洗面・浴室などの水廻り・設備なども図面にしていき
                      ます。
                     ※このころに地盤調査を行います。


工事業者選定
実施設計が出来上がったら、図面を見ながら最終確認を行います。
お客様の確認を得られたところで、建築確認申請を行います。
                      実施設計の図面をもとに、施工業者数社に見積依頼をします。
                      施工業者からでてきた見積書をチェックし、見積の妥当性や予算とのすり合わせ・調整を行い、
                      施工業者を選定していきます。


工事契約
仕様・工事額にご了承頂いた後、施工業者と工事請負契約を締結いたます。


着工・地鎮祭・上棟
ここから工事が始まっていきます。
地鎮祭を行い、順次工事が進んでいきます。(従前の建物がある場合は、解体をします)
                      ここからは図面通りに工事が施工されているか、各工程ごとに定期的にチェックをしていきま
                      す。


上棟
工事が始まると、仕上げ材の選定や色決め、水廻りや電気設備の機種を選定し、設計図と照らし合わせながらご要望の最終確認をしていきます。
                      また、現場では定期的に打合せをおこない、図面通りに工事が出来ているのか、設計の意図が
                      しっかり伝わっているのかを確認しながら、工事を進めていきます。
                      定期的な打合せには、時間のゆるす限り、お客様にも参加していただいています。
                      上棟式は、地鎮祭とともに大切な神事の一つです。
                      骨組みが組み上がり、棟が上がる様子を見ていると、気持ちも更に引き締まっていきます。
                      上棟が済み、屋根が葺きあがるころに、審査機関の中間検査をおこないます。
                      柱や梁の骨組みが、図面通りに出来ているかのチェックを受けます。


竣工・引き渡し
工事が完成後・引き渡し前に、お客様・設計者・工事施工者にて、不具合がないかをチェックし、手直しがあった場合は手直し後に再検査をしてから、お引き渡しいたします。
                      工事完成後に、審査機関の完了検査をおこないます。
                      出来上がった建物の、仕上げ・仕様等が図面通りに出来ているかのチェックを受けます。                                           


アフターメンテナンス
一年後に、検査を行います。
不具合や問題等が起きた場合は随時、施工業者にてメンテナンスを行いますが、一年を節目とし
                      て、お客様・設計者・工事施工者にてチェックをいたします。
                      引き渡し後は、問題が出た場合の対応や住まいのお手入れに関する相談など、末永くお付き合い
                      をさせて頂ければと思います。


設計監理料について
設計監理料は工事金額の10%~12%程度とさせて頂いております。
構造や規模、予算によって変わります。
※構造計算、建築確認申請等に関わる手数料、地盤調査費用、開発等申請等の特殊な業務が発生した場合は別途とさせて頂きます。